So-net無料ブログ作成
検索選択

久々のハラハラドキドキ? [cinema]

ご無沙汰しています。
このページを覗きに来て下さる皆さんこんにちわ・・・。
お陰様で、元気で生きています!  
まだ覚えていてくださってありがとうございます! m(。_。*)m ポ

-----
 
観に行っちゃいました・・・・M:i:Ⅲ! しかも初日に。

続きを読む


何語の映画なのか初めは分からなかった。 [cinema]

見てみたら、予想以上に良かった1本。

何となく毎日が冴えない人々が、市役所でやってるイタリア語講座に集まって
みんなの冴えない日々が、ちょっとずつだけどいい日々になっていく・・・と言う話。

幸せになるためのイタリア語講座

幸せになるためのイタリア語講座 デラックス版

幸せになるためのイタリア語講座 デラックス版

『ラブ・アクチュアリー』に似てる、という意見もあり、確かにそうかも。
でもこちらの方が、登場人物それぞれが背負っている現実が厳しい感じ。

続きを読む


中央バルジ宙域までお願いします。 [cinema]

SFに興味のない私ですが、コレは大笑いして見ました。

 「銀河バイパス建設の為、地球は取り壊されることになりました」

え~、どうしよう立ち退き要請出ちゃったよ・・・って、おい!!
フツーに取り壊わすな! 地球を!! 住んでるんだから!!! 

 
     ・・・・・そう思ってる間もなく、取り壊されます。実にあっさりと。 


そして、帰る場所を失って・・・・ワハハ、 と言うお話。

銀河ヒッチハイク・ガイド

銀河ヒッチハイク・ガイド

映画も今公開中のようです。私が今回見たのは'81年のテレビ版
こういうのをBBCが大まじめに作ってたと言うことだけでも、何だか嬉しくなってしまった私。

  以前勤めていた会社に木星からワーキングホリデーで来た人がいたけど、
  彼は「太陽系ヒッチハイクガイド」で地球までやって来たに違いない。
  確かに「地球の歩き方」も持っていたような・・・。

こういう事を話して大喜びできちゃうようなアナタ!!
現実からしばし離れてハハハと笑いたいアナタ!
「銀河ヒッチハイクガイド」オススメですよ♪


ジョニーって、変! (笑) [cinema]

チャーリーとチョコレート工場

ずっと見たかったこの映画を観てきました!
笑いどころ満載でしたねぇ~っ!!

「困った子ども達と親達に対する、皮肉と批判」
「子どもの頃からの消せないわだかまり」
ファンタジー」と「毒」と「家族愛」
「笑い」と「なんじゃこりゃ!?」と「踊りたくなる音楽」・・・あ~、面白かった~!

そして、ジョニー! 
どうしてこんなに変なの!?

続きを読む


GATTACA [cinema]

ずっと見たいと思っていた映画を観ました。それはガタカ。

ガタカ

ガタカ

続きを読む


真珠の耳飾の少女 [cinema]

図書館に行ったら原作があったので、借りてみました。

Girl With a Pearl Earring

Girl With a Pearl Earring

その足で、DVDをレンタル・・・。

真珠の耳飾りの少女 通常版

真珠の耳飾りの少女 通常版

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2005/01/14
  • メディア: DVD


続きを読む


さよなら、さよなら ハリウッド [cinema]

法事へ行った帰り、ついでに恵比寿で映画を見てきました。
見たのは、ウディ・アレンの「さよなら、さよならハリウッド
公式HPはこちら→http://www.nikkatsu.com/movie/sayonara/
ウディ・アレンの映画を見たのは初めてだったけど面白かった!
こういうクスクスと笑える映画、好きです。
DVDが出たら、また見たいなぁ~!

さっき、公式HPにある予告編をみて、また思い出し笑いをしてしまった。
ああ、もう一度見たい。

#普段映画を見る時とはまた違った「笑いのつぼ」も面白かったです。
 それともこの映画館だけなんだろうか・・・。


ギルバート・グレイプ [cinema]

本を読み終わったので、映画も見ました。
本と比べると、映画の方がソフトな印象を受けました。
原作通りの所も、原作とは違う設定になっているところも
私はどちらも好き。

ギルバート・グレイプ

ギルバート・グレイプ


心の芯にある炎が、まだ消えてはいないけれど、
もう消えそうになっていている青年・・・ギルバート
こういう役、ジョニー・デップにはすごく合っている気がします。

消えかけたギルバートの心の炎を、細々とでも燃やし続けたベッキーの存在。
ジュリエット・ルイスがスイカを食べるシーンが好きな私♪

そして、ディカプリオ・・・若き日のディカプリオもすごい。
やはりあれだけの有名な俳優になるだけの事はあるな、と素人目にも思う。

「チョー面白い!」とか、「めっちゃドキドキハラハラ」とか、「かなり泣けます」とか
「めでたしめでたし」とか「悲劇は続く」・・・とかではないけれど
何か忘れられず、じわっとくる良い映画だと思います。

そして原作も是非!


オペラ座の怪人 [cinema]

【オペラ座の怪人】:http://www.opera-movie.jp/

オペラ座の怪人 通常版

オペラ座の怪人 通常版

観てきました・・・アンドリュー・ロイド・ウェバー!良いです!!
ミュージカル映画にしたと言うだけあって、歌が多いのです。
「小説を映画化」じゃなくて、「小説をミュージカルにしたのを映画化」だから当然ですが。
でもこれ映画なのに・・・と、ちょっと違和感もなきにしもあらず。
でも、そんなことはまぁ良いじゃない、と思えるくらい良かったです。
もう一度くらい大画面で観たい!

私が一番好きなのは、
「愚か者」の上演中、突然歌えなくなった歌姫。
きっと怪人の仕業だわ・・・と言ってるところに、あの悲劇が!

続きを読む


Neverland [cinema]

友達と「ネバーランド」を見に行きました。
永遠の少年ピーターパンの作者の話・・・くたびれた大人にはお勧めかも。
夢と現実に板挟みになった苦しさもちょっとあって、「ワハハと面白い映画」じゃないけど
疲れた大人が見るには、なかなか良かったんじゃないかなぁ、と思う。
(癒し系とかそう言う意味ではないです、あしからず)
ジョニー・デップがステキでした。ジョニーはいつもステキですが。

しかし、どんな理由があれ「大人になりたくない」と思うのは、既にその人が
大人になってしまってるからじゃないかなぁ、と私は思う。
子どもの頃って「早く大人になりたい」って思ってなかった?

ネバーランド

ネバーランド


私が時々感じる孤独感は悪い孤独感じゃない。 [cinema]

暇だったので1人で映画など見に行く。
そう言う日も楽しい。「コラテラル」を見た。
現実には余りなさそうな設定だけど、
それを通して監督が伝えたかったことは、
今の世の中にいっぱいあるんだろうななんて思った。
帰り車を運転しつつ色々考えてしまって気分が重くなった。
コラテラルのトム・クルーズみたいな孤独には陥りたくない。
エンディングのシーンを思い出しつつ、ちょっとドンヨリしていたら
久し振りの友達から電話がかかってきた。
頻繁にメールや電話をやりとりしてるわけじゃないけど、
ふと思い出して話す、古い友達。
なんだか嬉しくなり、すぐ元気になった。
もちろん映画の話とか気分が重くて、なんて一言も話さなかったけど
ちょっと話してる間にみるみる元気が出てきた。
そんな友達がいるというのは、ありがたいモノだ。
生きてれば、時々なんだか分からないけど寂しい気持ち、って感じることもあるけど
私が時々感じる孤独感は、この映画のとは全く違うんだ、と分かってホッとした。

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション

コラテラル スペシャル・コレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2005/03/04
  • メディア: DVD


Don't cry for me Argentina~♪ [cinema]

いい天気の一日。気分良く洗濯をした。
こないだ「エビータ」を借りて観たけど、アイロンをかけながら観たのと
全編殆どが歌だったので(ミュージカルだから仕方ないけど)サッパリ分からなかった。
しかもアントニオ・バンデラスが"チェ・ゲバラ"を演じてたのは、何だか納得いかない。
マドンナの歌は良かったと思う。

さて、今日も自主忘年会。
夫が忘年会だったので、彼が帰ってきてから家で三次会と称して二人で飲んだ。
実際は私が一人で飲んでただけだけど。
最近の私のお気に入りはキリンの「やわらか」という発泡酒。
キリンと小岩井農場が共同で作ったとかいうお酒で、飲みやすい。
飲みやすいと言うより、際限なく飲んでしまいそうな感じ。
ご飯を食べながら飲んでも邪魔にならない気がする
私は酒の肴やご飯を食べながらと言うよりも、「じゃがりこ」でもあれば十分ですが。
最近色んな事を真剣に考え出すと疲れてくるので、ついお酒を飲んで頭をほぐす毎日。
う~ん、12月に入ってから飲み過ぎ!でもたまにはいっか!!

エビータ

エビータ

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日: 2004/09/17
  • メディア: DVD


摂氏零度:ブエノスアイレスの雨もこんなかな [cinema]

先日借りてきたDVD「摂氏零度」というのを見た。
ウォン・カーウァイ監督「ブエノスアイレス」の"もう一つの物語"みたいなやつ。
何とも切なくて悲しい気持ちになった。
今日は一日雨・・・そんな日は久し振りだ。
さっき見た映画にぴったりな雰囲気だなと思った。
とても寒い・・・いつの間にかもう冬なんだな。


ブエノスアイレス

ブエノスアイレス

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 1999/11/26
  • メディア: DVD


グッバイ・レーニン! [cinema]

今日は母と「グッバイ・レーニン!」を見に行った。
おもしろくて、とぼけていて、シリアスで、ちょっと泣ける。
こういう映画が好きだ。

グッバイ、レーニン!

グッバイ、レーニン!


Love actually is everywhere! [cinema]

Love actually』を見に行った。
悲しい話じゃないのにナゼか涙が出そうになった。
最近見た『LAST SAMURAI』や『The Lord of the Rigs~The Return of the King』も
所々涙が出そうなところもあって、それはそれでとっても良かったと思うけれど
今回は、そういう悲壮な理由ではなく、ハッピーな気持ちが胸にいっぱいになったからだと思う。
Yes, all WE need is love!!

ラブ・アクチュアリー

ラブ・アクチュアリー


指輪物語、最終話。 [cinema]

今日は友達と"ロード・オブ・ザ・リング~王の帰還"を見に行った。3
時間という長い話だったけど、あっと言うまでした。
ストーリーもキャストもセットも撮り方もぜ~んぶ良かった。
この映画に参加できた人が羨ましくなった。
これで映画も3作全部見たので、原作の「指輪物語」を読もうと思う。


Dolls:自分が悲しかった時の事を思い出した。 [cinema]

こないだ北野武監督の「Dolls」を見た。
菅野美穂が泣くところが、なんだかすごく切なかった。
昔、悲しくて泣いていた時のことを思い出して悲しくなった。
生きてれば泣く事もあるけれど、悲しいと「意識して」泣くときは少ないかもしれない。
(もちろん色々な理由から悲しくて泣くこともあるし、これまでもあったわけだけど)
怒ったときとか、悔しいときとか、(そう言う時も心は傷ついてて心の中に悲しさはあるんだろうけど)
その時は「悲しい」って意識してないような、意識しないようにしてるような、
でも分かってるようなそんな気がする・・・。
悲しい時って「悲しい」って心が認めたくないからなのかもしれない・・・。
うまく言えないけど、菅野美穂が泣いているのを見て自分の中の「悲しかった思い出」が
反応してしまったのかな・・・何だったんだろう?それにしても女優ってすごい!


KISS★KISS★[BANG★BANG★] [cinema]

先日ビデオ屋で借りた"Kiss Kiss (Bang Bang)"を見た。
ハートウォーミングサスペンスコメディハードボイルドヒューマンドラマラブストーリー(笑)
主役のおじさんが、再びスーツに身を包んで・・・のシーンがカッコイイ。
準主役の大きな子どもも、何だか分かんないけどカワイイ(かもしれない)。
脇役のジミーは文句無くハンサムでカッコイイ。
もちろん色んな意見があると思うけど、私はこういう映画が好き。

キス★キス★バン★バン

キス★キス★バン★バン


アニマトリックス [cinema]

ANIMATRIXを借りてきて見た・・・でもさっぱり分からない。
オタクでなければ分からないのか?
単に私の理解速度がついていけないだけなのか・・・?
何だか疲れた・・・。

アニマトリックス

アニマトリックス


アメリ [cinema]

今日は活動的な一日だった。
海まで行ってシャコや海老やお魚の定食も食べてきた。
海の幸・・・・なんでこんなに美味しいんだ!
夕暮れの田舎道を走るのも楽しかった。

夜、ビデオでずっと見たいと思っていた"アメリ"を見た。
公開当時やたら宣伝されまくっていたけど、別に普通じゃん、と思った。
派手なハリウッド映画を見慣れてると、こういうのって新鮮なのかな・・・。
私も"アメリ"みたいな映画はとっても好きだし、見て良かったし、「アメリ」自体はいいと思うけど
そんな世間で大騒ぎしなくても良かったのに、とちょっとだけ思った。(私はひねくれ者)
良くあるフランス映画みたいに、唐突に話が終わったり、突然場面が変わったり
「?」となる場面が少なくて、アメリもかわいいし、happyな話だから良いな!

アメリ

アメリ


LOR:Two Towers [cinema]

以前一緒に働いていた友達とLord of the rings:Two Towersを見に行ってきた。
去年彼女がイギリスに行く前に「①旅の仲間」を見て以来、
帰ってきたら「②二つの塔」も見に行こうね!と言っていたのがやっと実現した。
今回も3時間の大作だったけど、すごく面白かった。
ガンダルフ・・・じいさんなのにカッコイイぞ!
あと気になったのはゴラム・・・何者なんだ。
う~ん、来年までまた待たなくてはならないのか・・・。


バイオハザード [cinema]

バイオハザード」を観に行った。
ミラ・ジョボビッチが好きな私。
ミリオンダラー・ホテル」の時のほわほわした感じとはまたぜんぜん違って
クールで綺麗で強くて素敵だった。
話は・・・まぁよく分からなかったけど、ミラが素敵だったからOK!

バイオハザード

バイオハザード


アレックスとローラ [cinema]

おとといの夜、眠いのを我慢して宿題をやってたら眠いのを通り越して目がさえてしまった。
どう頑張っても眠れないので(頑張って眠れるものじゃないけど)
この間久々に借りておいたビデオを見た。
アレックスとローラ」というフランス映画
シャルロット・ゲンズブールが主演・・・なんと30代の女性役だったのでおどろいた。
なんとなくいつまでも少女のイメージだったけど・・・。
いわゆる正統派美人とかではないけど、素敵な女優さんで好き。


ヴィム・ヴェンダース! [cinema]

借りてきた"The million dollar hotel"を見た。
Paris,Texas や Buena Vista Social Clubと同じ監督で、絵がとてもキレイだった。
私はこういう映画が好きだけど、「何が言いたいのか分からない」と言う人が多そう・・・。
既に夫にはそう言われたが、そう言いながら彼も最後まで見ていたから、本当は何か感じ取っているんだろう、と思う。

ミリオンダラー・ホテル

ミリオンダラー・ホテル


パリ、テキサス

パリ、テキサス

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日: 1998/10/25
  • メディア: DVD


ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ

ブエナ☆ビスタ☆ソシアル☆クラブ

  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 2000/09/01
  • メディア: DVD


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。