So-net無料ブログ作成
検索選択

父のペット [love? life?]

父がヤモリを飼っている。

昨年末、枯れて倒れた木の幹の空洞部分にヤモリがいるのを見つけた父。
一気に嬉しくなって、そのヤモリを捕獲し古い大きな植木鉢の中で飼い始めた。
植木鉢に、ヤモリが住んでた木の木片や木の葉などを入れて、網をかぶせて。
お正月帰省した時に、父から「ヤモリの買い方をネットで調べて欲しい」と言われ
見てみたところ、『生きている物しか食べません☆』と書かれていた 。

「冬だし、生きてる餌を毎日捕まえるのも大変だよ。」
「野生の生き物だし、世話も大変なんじゃないんですかね。」
「きっと死んじゃうから逃がしなよ。」

と、母と私の相方と私の三人の大反対にあったのに諦めきれず
お正月だというのにどこからか、青っぽいアブみたいな大きな虫を捕まえてきて
ヤモリの鉢に入れてやったり、霧吹きで水をやったりしていた。
そのでっかいアブみたいな虫は、お昼ご飯を食べてる時に鉢から脱走して
なぜかテーブルに座っていた私の左手脇まで飛んできた・・・

そんなこんななので、実家から帰る時に「ヤモリは逃がしなよ」と強く
父に言ってきたのに、昨日実家に電話したら、まだ飼ってるという。
しかも、「住みやすいように、ちゃんとした水槽みたいなの買って来た」
と嬉しそう・・・ 餌はペットショップでコオロギや何かの幼虫を買って
水槽に入れてやっているそう。どうやら本気みたい

母は「寒いと可哀相みたいで温かい部屋に置いとるけど、餌の幼虫が
成虫になりそうで、それを見るのがなんか怖い。」と割と真剣に心配しているが
父は「ヤモリってさぁ、鳴くだぞ。お前聞いた事あるか?」と自慢げ。
ちなみに、ミミズが鳴く時みたいにジーーーーーーって鳴くというんだけど
ホントにそれってヤモリの声なんだろうか。。。

母に「で、ヤモリに名前とか付いてんの?」と聞いたら
ためらわずに「やもたん」と答えた
何のひねりもないよ、母よ。。。

父はヤモリの他に、クワガタも飼っていて3度程越冬させている。
そしてそれを近所の小学生と見せ合ったり自慢し合ったりしている。
父が子どもの頃は、祖父(父の父)から「生き物を人の慰みにしてはいかん」と
言われていたので、何かを飼ったり出来なかったそう。
庭に置いてあったふるい石臼だったか、瓶だったかにコッソリとうなぎ
飼っていた事があったそうだが、大雨の日にその入れ物の水が溢れて
うなぎ達が庭に逃げてしまって、ウナギの事が祖父にばれて
もの凄く叱られた事があったとか。
(しかもそのウナギは逃がしに行かされたらしい。)

今日はそんな父の誕生日だ。
お医者さんにはかかってるけど、元気で毎日を過ごせて、
しかも今は自分の好きな生き物を好きなように飼えて良かったね
夜にまた電話でもしようかな。。。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ミホ

お久しぶりです♪
とてもチャーミングなお父様ですね。読んでて、こちらまで笑みがこぼれます。ヤモリは家を守るとも言いますから、幸運がくるかも!
やもたんがお父様になつくようになるといいですね。
by ミホ (2011-01-29 13:57) 

サラ

ミホさん!

ご無沙汰してます。覚えててくださってありがとうございます。
以前の職場で、研究室の掃除をしていたらヤモリが降ってきた(笑)
ことがありましたが、まさか実家でヤモリが飼われているとは
ビックリしました。先日父の誕生日に「ヤモリの飼い方」の本を
あげたら「ヤモリの家の模様替えをするのに役立ってる♪」を
大喜びでした。いつまでも少年のような父です(笑)
ヤモリって人になつくんでしょうか。。。また報告しますね!
by サラ (2011-02-08 17:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。